もう迷わない!最適な筋トレ時間の目安と時間帯!【実践済み】

もう迷わない!最適な筋トレ時間の目安と時間帯! 筋トレ知識

最終更新日:2020年2月23日

ジュン
こんにちは!ジュンです!
1回辺りのおすすめの筋トレ時間ってどのくらいだろう?

筋トレする時間帯は意識した方がいいのかな?

このような悩みを解決出来る記事となっています。

筋トレにかける時間をしっかりと理解することによって、より普段の筋トレの効果を高めることが出来ます。

何故なら私はこの記事の内容を実践することによって、筋肉を成長させることが出来たからです。

記事の前半ではおすすめの筋トレ時間を、記事の後半では筋トレをする時間帯について紹介していこうと思います。

おすすめの筋トレ時間は45~60分以内

赤と青の間にある時計

筋トレをするのに、2時間も3時間も要りません。

短い時間で効率よく行った方が効果が出ます。

筋トレは1時間以上やると有酸素運動となる

運動には2種類の運動タイプがあります。

運動の種類(簡単に説明すると)

有酸素運動→筋持久力を高める(ランニングやウォーキング)

無酸素運動→最大筋力を高める、筋肥大する(筋トレ)

厚生労働省ではこのように説明されています。

負荷の比較的軽い(運動強度の小さい)運動は、筋肉を動かすエネルギーとして血糖や脂肪が酸素と一緒に使われることからエアロビクス(有酸素性運動)と呼ばれます。一方、短距離走のように短時間で強い負荷がかかる(運動強度の大きい)運動の場合は、筋肉を動かすエネルギー源として酸素が使われないため無酸素性運動と呼ばれます。運動中に呼吸をしているかどうかという意味ではありません。

引用:  <https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-072.html>

筋トレは無酸素運動に分類されるのですが45~60分以上行うと、有酸素運動に切り替わっていきます。

長時間トレーニングを続けても筋肉は大きくならず、持久力が高まるといった結果になります。

コルチゾールが放出され始める

コルチゾールとは、ストレスホルモンの一種です。

コルチゾールは筋肉にとって全くいい効果を生み出しません。

コルチゾールの効果

  • 筋肉が分解され始める
  • 筋肉の成長を鈍化させる

コルチゾールが出て筋肉に良いことは全くないです!

コルチゾールの放出を抑えるためにも、筋トレの時間は短くすぱっと終わらせる方が良いです。

筋トレをする時間帯は特に意識する必要なし

時計

筋トレをする時間帯は自分が筋トレを行える時間帯で良いです。

この時間帯だから良い、この時間帯は駄目といったものはないと私は考えています。

時間帯を気にするよりも続けるほうが大事

筋トレで良い体になりたい!と思うなら、圧倒的に継続する方が大事です。

例えば、夕方の16~18時頃が筋トレをするのに一番適した時間帯だとします。

学生の方はこの時間帯に筋トレをすることは出来るかもしれませんが、社会人の方はきっと無理だと思います。

また毎回その時間帯に筋トレを出来るとは限りません。

なので、筋トレをする時間帯は気にするのはナンセンスと言えます。

時間帯を気にしなくても筋肉は成長した

私自身、筋トレする時間帯は日によってまちまちです。

私は現在大学生ですので、講義の時間帯がない時に筋トレに行っています。

お昼から講義がある時→朝の9~10時にジムに行く

お昼まで講義がある時→お昼の14~16時にジムに行く

朝から夜まで講義がある時→夜の19~20時にジムに行く

バラバラの時間帯に筋トレしている現在の私の体はこんな感じです。

筋肉を自撮りしている男

筋肉を大きくするのに時間帯は関係ありません!

自分が継続しやすい筋トレを心がけていこう

本記事のまとめ

  • 筋トレに適した時間は45~60分
  • 筋トレをする時間帯はいつでもいい。筋トレをすれば筋肉は増えていく。
  • 筋トレを継続する方がずっと大事。

筋トレをする時間や時間帯について分かって頂けたと思います。

筋トレは人生を豊かにしてくれるツールの一つだと私は思っています。

上手に筋トレを取り入れて人生を豊かにしていきましょう!